ちょっと違った作業を・・ (銀座線)

さて、ここ1ヶ月ほど、床板製作を少しずつやっております。


カツミ製(受注生産)の営団銀座線の中間車をM化するための作業です。


この製品は先頭車2両のAセットと中間車2両のBセットに1両ずつMP動力が装着されておます。

この先頭車のMP動力システムを中間車(T車)に乗せます。

台車は同じ。中間車のT車の床下機器も幸いなことにモータを避けて両サイドに別れているので

そのまま使えます。


車長が短いので、床板は真鍮ではなく、加工が楽なアルミ板を東急ハンズで購入。

M車の床板を参考に穴を開けたり、ヤスったり、ネジ穴切ったり。。。

結構アルミでも時間がかかってしまいました。真鍮だったらもっと時間かかったでしょう。。。


画像


連結器は製品はドローバーです。この車輌は車長が短いのですが、台車の軸間は普通なので

MPのギヤ部分がACEカプラー取り付け台だとぶつかってしまいます。

そのため製品は、M車は丸いカプラー台を、T車はACEカプラー台を使っています。


このぶつかりに気がつかず、制作時 片側はACEカプラー取り付け台の取り付け用のネジ穴を開けて

しまい、あとでエポパテで埋める事になってしまいました(汗;;;)。


カプラー台はエコー製(真鍮)のを使用。アルミははんだ付けができないので、接着材で取り付けました。


先頭車のモーターとギヤ、ウエイトを取り付けて走行テストを実施し、とりあえず問題無さそう。

(写真は製作途中でテストした時点のもので、連結器は片側だけゴム系接着材で仮止めしています)


画像

画像


エポパテが完全に固まったら、表面をサンドペーパーで整えて、その後塗装へ進む予定です!


7月中には編成になるかな。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック