フラノエクスプレスT車のM化(その1)

EF80キットの製作は少々止まっていますので、
その間に別の作業を行います。

フラノエクスプレスですが、4両+1両(キハ184)の5両編成にしましたが、平坦の線路では1M4Tでも走行出来ましたが、勾配では
不安です。キハ184が、ピポット車輪を使っているのですが発売当時の製品から転がりが悪く、引っ張るには重い車輌で、
今回の製品も同じ台車を使っており、他の80系の車輌に比べて転がりが悪いのです。
よって安全に走行させるためキハ80-501(T車)をMP化することにしました。

まずキハ80MP動力ユニットを購入しましたが、床下機器が灰色(フラノは黒)だったこと、仕切り止めのネジ位置が違うこと、
インテリア取り付けねじ避けの切り込みの位置が違う・・・、と床下機器の塗装やら床板改造が必要になってしまいました。
たまたまキハ80のキット未製作品を持っていたので、こちらの床板を改造し、床機器もこちらの未塗装品をつかい、動力ユニットの
床板と床機器はキット製作の時に使えばよい・・・と決めました。

20191214a00.jpg

まずは仕切り取付の穴、タップ立てを行った後、インテリア止めネジ避けの切り込みの作成を行いましたが、
ちょうどモータ穴横も切り込みがあり、切り込むと床板が折れそうだったのでちょっと中断。。。
まずインテリア取付ネジを頭の小さいネジに交換し、モータツールを使って当たりそうな部分を少しづつ
削ってなんとか当たらなくなったので、加工終了。
20191214a0.jpg

床下機器のバリを削って、床板と床機器取り付け用の板はかるくペパーをかけておきました。
その後、すべてをクレンザーでかるく磨いて、中性洗剤で洗いました。

20191214a.jpg
オリジナルの床板、床機器の色と合わせたく、塗装依頼へ・・・・
と、ここまで進みました。 続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント