中古パワ-パックの修理

遅ればせながら、開けましておめでとうございます。

いよいよ定年退職の歳となりました。この先の給与はかなり減額となり、どこまで趣味の世界に使えるのか、不安な年がはじまりました。

年始からいろいろ運が悪く、さいさき悪い状況で、模型はほとんど手に付けられない状態のところ、さらに同窓会での演奏依頼が入り
そこそこ練習に励んでおり、連休も練習と休憩で終わってしまいました。

AcoBass.jpg

そんな中、少し作業できたのが昨年手に入れた出力がおかしいと言うジャンクのパワーパックです。

PWP1.jpg
たしかに電圧はでていますが、逆転SW(3pのトグルSW)を切り替えても変化しません。
でも電圧はでていますので、配線が間違っているとおもい、開けてみました。

案の定、回路出力と、端子への出力が逆になっていました。写真は、片方はずした後のですが、SWのセンターの端子に出力へつなぐ線が
繋がっていました。

PWP3.jpg

回路からの出力をセンターにつなぎ、端子への出力はSWの片側へつなぎます。
PWP4.jpg

これを続けて・・・完成です。
PWP5.jpg

テストしたところ正常に2つの端子の制御が出来るようになり、安くパワーパックが手に入りました!! 予備用ですが、V,Aメータも
取り付け用かと思っています。

同窓会が終わったら,ボチボチ模型の作業に入ります。


"中古パワ-パックの修理" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント